特許取得のメリットと手続き

特許取得のメリットと特許出願の手続き

特許取得のメリットと特許出願の手続き 知的財産は価値のある情報であり、模倣されることから守られている情報です。
私たちの生活を豊かにするような新しい商品や技術が生まれたとき、生活を豊かにするサービスなどが生まれたときは、この価値を守る必要があります。
しかし、こういった発明者や考案者の知的創造物は、模倣されやすく、不正使用がされやすいです。
そこで、新しい技術や商品の名称や産地などは、知的財産として一定期間保護される制度が設けられています。この権利は世界中で認められていますが、それぞれに定められた法律によって守られています。
その中でも特許は、発明と呼ばれるアイデアに与えられます。特許権を取得すると、その発明については独占権が認められ、第三者は原則としてここで生まれた発明を実施できないため、まねをされる心配がありません。
特許出願に当たっては、まず所定の方法で願書を作成します。特許を取得したいと考えている発明の内容を具体的に説明する申請書です。書面による方法と、パソコンを利用したオンライン方法の特許出願があります。
そして、15,000円の出願手数料を納付する必要があります。これは、印紙により納付します。
このような流れで特許出願の手続きを行います。ただし、認められるには法律で規定された要件を満たしていることが条件です。

どんな者が特許出願の代理人になれるのか

特許庁への特許出願は代理人による申請が可能となっていますが、他の行政手続きのように委任状さえあれば誰でも代理人になれるわけではなく、一定の資格を保有している者のみが特許出願の代理を行うことができる仕組みになっています。
特許出願の代理を業務の一つとして行うことができるのは弁理士の資格保有者のみとなっており、他の者が代理を行って報酬を得ることは法律で禁止されています。
弁理士に出願手続きの代理を依頼する場合は30~40万円程度の費用を支払わなければなりませんが、弁理士が特許を取ろうと思っている発明の内容さえ理解できれば、あとは書類作成作業のみが淡々とすすめられていくので、自分で出願書類を作る場合より早く完成させることできます。
また、書類の内容についても、知的財産権の専門家としての立場から、補正を命令されたり、出願自体が拒絶されるリスクを最大限回避したものにすることができ、自分で行うよりはるかに特許権の取得手続きをスムーズにすすめることができます。
なお、特許出願の代理業務は、弁護士の資格保有者も行うことができます。
これは、弁護士の資格保有者も弁理士になる資格があるためで、弁理士会に登録すれば弁護士も特許の出願代理人となることができます。

check

耐熱パッキンを安く購入
動画制作会社を大阪で探す
ホテルを目黒駅付近で探す

最終更新日:2018/11/1

「特許 出願」
に関連するツイート
Twitter

タカトリ、SIP/次世代パワーエレクトロニクス/SIC拠点型共通基盤技術開発/SIC次世代パワーエレクトロニクス総合的研究開発の委託研究により、産総研・デンソーと共に共同特許出願です まだ知られてない

Twitter忍(しのぶ)くん@ninnin2233

返信 リツイート 18分前

特許庁、外国出願に要する費用の半額を補助。ぜひ活用を #Patent #特許 #知的財産 neoview.blog.jp/archives/29005…

決済サービス大手Paypal(ペイパル)が3月1日、仮想通貨決済にかかる時間を短縮するシステムの特許申請を米国特許商標庁に出願した。ペイパルの今後の将来について海外メディアが報じた内容を紹介します。 #仮想通貨

Twitter仮想通貨ワールド🌎@DescentsmeuO

返信 リツイート 36分前

大人のおもちゃを特許出願する場合、その分類が存在しないため、大人のおもちゃなのに子供用の玩具に分類されて出願される

【知財関連ニュース】IBM、HMDで目が合った相手にデータを送信する特許出願[特許][知的財産] [知財ニュース][知財フィルター] iptops.com/news/263418

難しい作業は不要の自動暗号化送信。 Zenlok™ のメール暗号はPKI。複雑なPKIを、ブラウザベースですべて自動的にオペレーションする技術を開発しました。このソリューションは、国際、国内ともビジネスモデル特許出願しています。https://my.zenl ##zenlok

TwitterZenlok株式会社@zenlok

返信 リツイート 10:19

スターティア 当社連結子会社であるスターティアラボ株式会社(は、WebブラウザからARマーカーの読み取りに関する新たな技術を開発 特許出願 startiaholdings.com/media/press-re… アプリ不要でWEBでできる利便性で、業界スタンダード目指す

第67条の4 第47条第1項、第48条、第50条及び第52条の規定は、特許権の存続期間の延長登録の出願の審査について準用する。

私のクライアントのほとんどは、年間に特許出願が一件くらいのところです。責任重大だなあっていつも思います。

Twitter無から有を産み出す力@PA_Kawaguchi

返信 リツイート 9:20

最近特許出願の相談を受けるときに、最初から出願ありきではない方がいいなと思います。他にも色々方法があるし。 でも特許事務所としては対面無料相談だけだと経済的にも時間的にも難しいのです。安価で相談しやすいオンラインサロンを作るとかもいいかもなって思います。

Twitter無から有を産み出す力@PA_Kawaguchi

返信 リツイート 9:13