特許取得のメリットと手続き

特許取得のメリットと特許出願の手続き

特許取得のメリットと特許出願の手続き 知的財産は価値のある情報であり、模倣されることから守られている情報です。
私たちの生活を豊かにするような新しい商品や技術が生まれたとき、生活を豊かにするサービスなどが生まれたときは、この価値を守る必要があります。
しかし、こういった発明者や考案者の知的創造物は、模倣されやすく、不正使用がされやすいです。
そこで、新しい技術や商品の名称や産地などは、知的財産として一定期間保護される制度が設けられています。この権利は世界中で認められていますが、それぞれに定められた法律によって守られています。
その中でも特許は、発明と呼ばれるアイデアに与えられます。特許権を取得すると、その発明については独占権が認められ、第三者は原則としてここで生まれた発明を実施できないため、まねをされる心配がありません。
特許出願に当たっては、まず所定の方法で願書を作成します。特許を取得したいと考えている発明の内容を具体的に説明する申請書です。書面による方法と、パソコンを利用したオンライン方法の特許出願があります。
そして、15,000円の出願手数料を納付する必要があります。これは、印紙により納付します。
このような流れで特許出願の手続きを行います。ただし、認められるには法律で規定された要件を満たしていることが条件です。

どんな者が特許出願の代理人になれるのか

特許庁への特許出願は代理人による申請が可能となっていますが、他の行政手続きのように委任状さえあれば誰でも代理人になれるわけではなく、一定の資格を保有している者のみが特許出願の代理を行うことができる仕組みになっています。
特許出願の代理を業務の一つとして行うことができるのは弁理士の資格保有者のみとなっており、他の者が代理を行って報酬を得ることは法律で禁止されています。
弁理士に出願手続きの代理を依頼する場合は30~40万円程度の費用を支払わなければなりませんが、弁理士が特許を取ろうと思っている発明の内容さえ理解できれば、あとは書類作成作業のみが淡々とすすめられていくので、自分で出願書類を作る場合より早く完成させることできます。
また、書類の内容についても、知的財産権の専門家としての立場から、補正を命令されたり、出願自体が拒絶されるリスクを最大限回避したものにすることができ、自分で行うよりはるかに特許権の取得手続きをスムーズにすすめることができます。
なお、特許出願の代理業務は、弁護士の資格保有者も行うことができます。
これは、弁護士の資格保有者も弁理士になる資格があるためで、弁理士会に登録すれば弁護士も特許の出願代理人となることができます。

check

耐熱パッキンを安く購入
動画制作会社を大阪で探す
ホテルを目黒駅付近で探す

最終更新日:2018/11/1

「特許 出願」
に関連するツイート
Twitter

(東京高判昭63.12.13)構成の変更が公知技術から予測される範囲を越えた顕著な作用効果をもたらすのであれば,それは産業の発達に寄与する…から,最初にそのことに気づき作用効果の顕著性を立証して右の変更に係る構成を発明として特許出願した場合には,…進歩性を認め,これを特許する

Huawei = ファーウェイ の表記がメディアで用いられていますが、特許庁への届け出会社は ×「ファーウェイ」 ○「ホアウェイ」 なんですね。 だからわざわざ「ファーウェイ」の商標を出願するのでしょうか? なんだか、 「アスース vs エイサス vs エイスース」論争 を思い出しました。 twitter.com/trademark_bot/…

Twitter吉澤準特/『図解作成の基本』Amazon全体7位@juntoku_y

返信 リツイート5 55分前

AmebaTVの特許出願中っていつまで続くんやら?

返信先:@KTmaimaiC 特許出願するからね

Twitter千秋@высотники@0zt3254v0m6387p

返信 リツイート 1:08

【意匠法】/登録手続き/ 出願出願公開制度・補償金制度は「ない」。特許法と異なる) → 方式審査 → 実態審査(審査主義。ただし特許法と異なり「出願審査請求することなく」審査される) → 査定 → 登録(登録料は「1年分」。特許法での3年分と異なる) → 意匠広報に掲載

Twitter知的財産法ボット@chizai_bot

返信 リツイート 1:05

第6条 法人でない社団又は財団であつて、代表者又は管理人の定めがあるものは、その名において次に掲げる手続をすることができる。 一 出願審査の請求をすること。 二 特許異議の申立てをすること。 三 特許無効審判又は延長登録無効審判を請求すること。

【意匠法】/『意匠登録を受ける権利』/ 意匠登録前に創作者が有する権利。「特許法の発明者の規定と似ている」。発生は自然人に原始的に帰属、移転(承継)あり、冒認出願の拒絶査定、質権の設定あり、承継人も出願可能、共同創作における権利など。「職務創作」についても特許法の規定準用する。

Twitter知的財産法ボット@chizai_bot

返信 リツイート 0:35

難しい作業は不要の自動暗号化送信。 Zenlok™ のメール暗号はPKI。複雑なPKIを、ブラウザベースですべて自動的にオペレーションする技術を開発しました。このソリューションは、国際、国内ともビジネスモデル特許出願しています。https://my.zenl ##zenlok

RT @kozysan: 『プラトニックチェーン』のゲームは、「防犯カメラをリレー方式で解析し、カメラに写った容疑者を自宅まで追いかける」システムでした(確か特許出願しました)。試作品までつくったところでITバブルがはじけてスポンサーが飛びました。 https://t.co/…

いや、いま出願中の特許次第で 結婚とか考えてるみたいで。金銭的にもだと思うけれど 逆にそれだけすごく真面目な人なんです。