特許取得のメリットと手続き

特許取得のメリットと特許出願の手続き

特許取得のメリットと特許出願の手続き 知的財産は価値のある情報であり、模倣されることから守られている情報です。
私たちの生活を豊かにするような新しい商品や技術が生まれたとき、生活を豊かにするサービスなどが生まれたときは、この価値を守る必要があります。
しかし、こういった発明者や考案者の知的創造物は、模倣されやすく、不正使用がされやすいです。
そこで、新しい技術や商品の名称や産地などは、知的財産として一定期間保護される制度が設けられています。この権利は世界中で認められていますが、それぞれに定められた法律によって守られています。
その中でも特許は、発明と呼ばれるアイデアに与えられます。特許権を取得すると、その発明については独占権が認められ、第三者は原則としてここで生まれた発明を実施できないため、まねをされる心配がありません。
特許出願に当たっては、まず所定の方法で願書を作成します。特許を取得したいと考えている発明の内容を具体的に説明する申請書です。書面による方法と、パソコンを利用したオンライン方法の特許出願があります。
そして、15,000円の出願手数料を納付する必要があります。これは、印紙により納付します。
このような流れで特許出願の手続きを行います。ただし、認められるには法律で規定された要件を満たしていることが条件です。

どんな者が特許出願の代理人になれるのか

特許庁への特許出願は代理人による申請が可能となっていますが、他の行政手続きのように委任状さえあれば誰でも代理人になれるわけではなく、一定の資格を保有している者のみが特許出願の代理を行うことができる仕組みになっています。
特許出願の代理を業務の一つとして行うことができるのは弁理士の資格保有者のみとなっており、他の者が代理を行って報酬を得ることは法律で禁止されています。
弁理士に出願手続きの代理を依頼する場合は30~40万円程度の費用を支払わなければなりませんが、弁理士が特許を取ろうと思っている発明の内容さえ理解できれば、あとは書類作成作業のみが淡々とすすめられていくので、自分で出願書類を作る場合より早く完成させることできます。
また、書類の内容についても、知的財産権の専門家としての立場から、補正を命令されたり、出願自体が拒絶されるリスクを最大限回避したものにすることができ、自分で行うよりはるかに特許権の取得手続きをスムーズにすすめることができます。
なお、特許出願の代理業務は、弁護士の資格保有者も行うことができます。
これは、弁護士の資格保有者も弁理士になる資格があるためで、弁理士会に登録すれば弁護士も特許の出願代理人となることができます。

check

耐熱パッキンを安く購入
動画制作会社を大阪で探す
ホテルを目黒駅付近で探す

最終更新日:2018/11/1

「特許 出願」
に関連するツイート
Twitter

RT @call_me_nots: 文章下手すぎワロタ / “平成26年4月5日(土)読売新聞朝刊掲載記事について重要なお知らせです。|顔認証万引き防止システム【LYKAON(リカオン)】/防犯対策システム特許出願htn.to/7emSVw

RT @syuu1228: 本人同意どうやってとったんだよ:LYKAON share(リカオンシェア)|顔認証万引き防止システム【LYKAON(リカオン)】/防犯対策システム特許出願 face-lykaon.com/share.php

第六条  法人でない社団又は財団であつて、代表者又は管理人の定めがあるものは、その名において次に掲げる手続をすることができる。 一  出願審査の請求をすること。 二  特許無効審判又は延長登録無効審判を請求すること。

→第43条第2項中「最先の日から1年4月以内」とあるのは、「最先の日から1年4月又は新たな特許出願の日から3月のいずれか遅い日まで」とする。

返信先:@MGometh それな〜! 特にえろごめ(※なつき特許出願中)は好みの系統やろうし🌸 お正月スキンもドちゃシコなんだけどリミリーが来るとか夢のまた夢やからハスハスは当分水着リーシャにしとくね🌝 ウィッス!お互い地獄頑張ろ✨

特許法、難しい、、。 出願審査請求は三年以内は三月くんで覚えた、、。 出願は一年以内なので一織くん、、。←

Twitterいちご☆交換塔@amuro_sabo

返信 リツイート 19:03

返信先:@jpo_senmonkan他1人 今では個人出願人が年間30件を超える特許を取るというケースは在るのでしょうか?私の記憶では年間33件特許を取った発明家(趣味人?:検索しても情報がない人)がいました。

Twitter特許庁で発生したBluetooth Mesh事件の被害者です@AdvGatt

返信 リツイート 18:56

第44条3 第1項に規定する新たな特許出願をする場合における第43条第2項(第43条の2第2項(前条第3項において準用する場合を含む。)及び前条第3項において準用する場合を含む。)の規定の適用については、→

ちなみに特許の世界でも「えーあい」関連の出願が増えてる上に登録率がかなり高いらしいっすよ。 特許は論文と違って構成が新規であり同業者が用意に考案できないということを審査官が否定できなければ登録されるシステムだし、特許審査システムも崩壊してるってことやろこれ

Twitterひっつ@C95日曜ヨ31b@HITStales

返信 リツイート 18:15

第44条2 前項の場合は、新たな特許出願は、もとの特許出願の時にしたものとみなす。ただし、新たな特許出願が第29条の2に規定する他の特許出願又は実用新案法第3条の2に規定する特許出願に該当する場合におけるこれらの規定の適用及び第30条第3項の規定の適用については、この限りでない