特許取得のメリットと手続き

特許取得のメリットと特許出願の手続き

特許取得のメリットと特許出願の手続き 知的財産は価値のある情報であり、模倣されることから守られている情報です。
私たちの生活を豊かにするような新しい商品や技術が生まれたとき、生活を豊かにするサービスなどが生まれたときは、この価値を守る必要があります。
しかし、こういった発明者や考案者の知的創造物は、模倣されやすく、不正使用がされやすいです。
そこで、新しい技術や商品の名称や産地などは、知的財産として一定期間保護される制度が設けられています。この権利は世界中で認められていますが、それぞれに定められた法律によって守られています。
その中でも特許は、発明と呼ばれるアイデアに与えられます。特許権を取得すると、その発明については独占権が認められ、第三者は原則としてここで生まれた発明を実施できないため、まねをされる心配がありません。
特許出願に当たっては、まず所定の方法で願書を作成します。特許を取得したいと考えている発明の内容を具体的に説明する申請書です。書面による方法と、パソコンを利用したオンライン方法の特許出願があります。
そして、15,000円の出願手数料を納付する必要があります。これは、印紙により納付します。
このような流れで特許出願の手続きを行います。ただし、認められるには法律で規定された要件を満たしていることが条件です。

どんな者が特許出願の代理人になれるのか

特許庁への特許出願は代理人による申請が可能となっていますが、他の行政手続きのように委任状さえあれば誰でも代理人になれるわけではなく、一定の資格を保有している者のみが特許出願の代理を行うことができる仕組みになっています。
特許出願の代理を業務の一つとして行うことができるのは弁理士の資格保有者のみとなっており、他の者が代理を行って報酬を得ることは法律で禁止されています。
弁理士に出願手続きの代理を依頼する場合は30~40万円程度の費用を支払わなければなりませんが、弁理士が特許を取ろうと思っている発明の内容さえ理解できれば、あとは書類作成作業のみが淡々とすすめられていくので、自分で出願書類を作る場合より早く完成させることできます。
また、書類の内容についても、知的財産権の専門家としての立場から、補正を命令されたり、出願自体が拒絶されるリスクを最大限回避したものにすることができ、自分で行うよりはるかに特許権の取得手続きをスムーズにすすめることができます。
なお、特許出願の代理業務は、弁護士の資格保有者も行うことができます。
これは、弁護士の資格保有者も弁理士になる資格があるためで、弁理士会に登録すれば弁護士も特許の出願代理人となることができます。

「特許 出願」
に関連するツイート
Twitter

第39条 2 同一の発明について同日に2以上の特許出願があつたときは、特許出願人の協議により定めた一の特許出願人のみがその発明について特許を受けることができる。協議が成立せず、又は協議をすることができないときは、いずれも、その発明について特許を受けることができない。

Twitter tokkyobot 特許法bot 1/2

返信 リツイート 52分前

こんな時には、ぜひ事前にご相談下さい。【⑨工場や生産拠点を新設する ⑩機械装置等の設備投資をする ⑪展示・商談会に出展する ⑫ISOやプライバシーマークを取得する ⑬特許出願する 】返済の必要ない「補助金」が利用できる場合があります。

Twitter hojokin_guide ☆補助金ガイド鹿児島☆

返信 リツイート 53分前

(最判平13.6.12)特許無効の審判手続を経るべきものとして本件特許出願から生じた本件特許権自体を消滅させるのではなく、…上告人を本件特許権の共有者であるとして取り扱えば足り…、その…方法としては、被上告人から上告人へ本件特許権の持分の移転登録を認めるのが、最も簡明かつ直接的

Twitter chizaihanreibot 知財法判例bot

返信 リツイート 53分前

特許法】/『実施権』/ 平成21年度4月1日より、出願中の特許に対する「仮専用実施権」「仮通常実施権」の設定登録が可能になった。出願中の特許の実施権設定についての制度的な保証により、「特許を受ける権利が財産権として活用できる」道が拡大した。

Twitter chizai_bot 知的財産法ボット

返信 リツイート 16:35

第39条 同一の発明について異なつた日に2以上の特許出願があつたときは、最先の特許出願人のみがその発明について特許を受けることができる。

Twitter tokkyobot 特許法bot 1/2

返信 リツイート 16:26

(知財高判平22.11.26)特許法は…,特許権を取得し得る者を発明者及びその承継人に限定する。同規定に照らすならば,特許出願に当たり,同要件に該当する事実が存在する旨の主張,立証は,出願人において負担する

Twitter chizaihanreibot 知財法判例bot

返信 リツイート 16:25

特許法】/『通常実施権』/ ②「法定通常実施権」ex)職務発明における使用者の通常実施権、特許出願前から既に発明を実施していた者が有する「先使用権」 ③「裁定通常実施権」ex)「不実施」の場合(特許権者等が一定期間実施を行っていない場合)の裁定

Twitter chizai_bot 知的財産法ボット

返信 リツイート 16:05

大人のおもちゃを特許出願する場合、その分類が存在しないため、大人のおもちゃなのに子供用の玩具に分類されて出願される

Twitter saisinerojouhou 最新エロ知識情報2018

返信 リツイート 15:44

第38条の2 特許出願人は、その特許出願について仮専用実施権を有する者があるときは、その承諾を得た場合に限り、その特許出願を放棄し、又は取り下げることができる。

Twitter tokkyobot 特許法bot 1/2

返信 リツイート 15:26

発明したら、とりあえず特許出願しておくという判断でいいと思います。その後、審査請求の段階、登録料を納付して特許権を成立させる段階、維持年金を払う段階などで、ある程度高額な費用を払って特許を保有する必要があるかの判断をします。#特許 #tokkyo

Twitter ttokkyomania 通信特許マニア

返信 リツイート 15:25