特許取得のメリットと手続き

特許取得のメリットと特許出願の手続き

特許取得のメリットと特許出願の手続き 知的財産は価値のある情報であり、模倣されることから守られている情報です。
私たちの生活を豊かにするような新しい商品や技術が生まれたとき、生活を豊かにするサービスなどが生まれたときは、この価値を守る必要があります。
しかし、こういった発明者や考案者の知的創造物は、模倣されやすく、不正使用がされやすいです。
そこで、新しい技術や商品の名称や産地などは、知的財産として一定期間保護される制度が設けられています。この権利は世界中で認められていますが、それぞれに定められた法律によって守られています。
その中でも特許は、発明と呼ばれるアイデアに与えられます。特許権を取得すると、その発明については独占権が認められ、第三者は原則としてここで生まれた発明を実施できないため、まねをされる心配がありません。
特許出願に当たっては、まず所定の方法で願書を作成します。特許を取得したいと考えている発明の内容を具体的に説明する申請書です。書面による方法と、パソコンを利用したオンライン方法の特許出願があります。
そして、15,000円の出願手数料を納付する必要があります。これは、印紙により納付します。
このような流れで特許出願の手続きを行います。ただし、認められるには法律で規定された要件を満たしていることが条件です。

どんな者が特許出願の代理人になれるのか

特許庁への特許出願は代理人による申請が可能となっていますが、他の行政手続きのように委任状さえあれば誰でも代理人になれるわけではなく、一定の資格を保有している者のみが特許出願の代理を行うことができる仕組みになっています。
特許出願の代理を業務の一つとして行うことができるのは弁理士の資格保有者のみとなっており、他の者が代理を行って報酬を得ることは法律で禁止されています。
弁理士に出願手続きの代理を依頼する場合は30~40万円程度の費用を支払わなければなりませんが、弁理士が特許を取ろうと思っている発明の内容さえ理解できれば、あとは書類作成作業のみが淡々とすすめられていくので、自分で出願書類を作る場合より早く完成させることできます。
また、書類の内容についても、知的財産権の専門家としての立場から、補正を命令されたり、出願自体が拒絶されるリスクを最大限回避したものにすることができ、自分で行うよりはるかに特許権の取得手続きをスムーズにすすめることができます。
なお、特許出願の代理業務は、弁護士の資格保有者も行うことができます。
これは、弁護士の資格保有者も弁理士になる資格があるためで、弁理士会に登録すれば弁護士も特許の出願代理人となることができます。

check

最終更新日:2018/11/1

「特許 出願」
に関連するツイート
Twitter

パリ条約に関して,次は適切か。 優先権の主張の基礎となる第一国の特許出願を取り下げた場合には,特許出願をした他の同盟国において特許出願が無効となる。 #知的財産管理技能検定3級学科 ❌ 解説は⬇︎ ce.hpeo.jp/entry/ilp/3g28

Twitter知的財産管理技能検定(知財検定)ナビ@hpeo_ilp

返信 リツイート 22分前

任天堂が「草」を商標登録したという記事が出回っていますが「登録」ではなく「出願」です。特許庁に「商標登録したいんだけど」と言っただけです。一般に普及した普通名詞は商標登録の要件を満たさないので、間違いなく審査の後却下されると思います。騙されないで。 j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-20… pic.twitter.com/9K8Gq7ufFi

今日のセンセのキャスで生まれた新商品 [銘品 かっぱ茶] 鋭意特許出願pic.twitter.com/pOdOuem8T3

いつから、日本人企業が、中華人民共和国的な特許出願するようになったんだろう。 「草」商標出願 ネット民反応 (ねとらぼ) - auヘッドライン - auサービスTOP news.headlines.auone.jp/stories/topics… #auサービスTOP

【知財関連ニュース】任天堂が「草」を商標出願 → ネット民「草」「これは草」「草草の草」[特許][知的財産] [知財ニュース][知財フィルター] iptops.com/news/314484

第二十九条の二  特許出願に係る発明が当該特許出願の日前の他の特許出願又は実用新案登録出願であつて当該特許出願後に第六十六条第三項の規定により同項各号に掲げる事項を掲載した特許公報(以下「特許掲載公報」という。)の発行若しくは(続)

BOT:第三十五条<続き>:国务院专利行政部门认为必要的时候,可以自行对发明专利申请进行实质审查。 (国務院専利行政部門は必要と認める場合、自ら発明特許出願に対して実体審査を行うことができる。)

Twitter学习专利实践业务@chaigo_meister

返信 リツイート 22:13

特許法】特許権/存続期間 特許出願」の日から「20年日」

Twitter知的財産法ボット@chizai_bot

返信 リツイート 22:05

第29条  2  特許出願前にその発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者が前項各号に掲げる発明に基いて容易に発明をすることができたときは、その発明については、同項の規定にかかわらず、特許を受けることができない。

乾電池 時計店の修理工などをしていた屋井先蔵が1887年に発明。それ以前に液体電池はあったが、取り扱いが不便だったので乾電池を開発した。歴史的な発明にも関わらず、生活に困窮していた屋井は高額だった特許出願料が払なかったため、ビジネスチャンスを逃してしまった。

Twitter「モノの種」ナビ!スピシード@spi_seed

返信 リツイート 22:01